お見合いデート NG行為を避けて等身大の自分で好印象を目指そう!

 仲人業に励んでいるハピアです。

先週末は東京、先々週末は沖縄の婚活パーティーの出張に行って参りました。沖縄は最高気温が27度で過ごしやすく、梅雨とは思えない空と海で最高でした。

 沖縄は初めてでしたが景色が最高でした。残念ながら会場の直行直帰でしたが、ホテルがオーシャンビューでロビーも食堂もお部屋も全てから海が見え、開放感が半端なかったです。

婚活パーティーでもお見合いデートも会話力が大事

 婚活パーティーでもデートでもまずは会話が弾まないと進みません。もっといえば、「結婚は長い会話」とも言われ、コミュニケーションの始まりです。

お見合いは誰もが緊張します。婚活10年選手のツワモノで緊張しない人はこの場合、度外視しますね。ただ多少のお見合いの経験があっても相手が変わると緊張はします。

 

  お見合いは一度目のデートが大事なのはいうまでもありません。二度目に会おうと思ってもらえなければ、なかなか交際はおろか結婚に至ることはありません。

特に気に入った方であればあるほど大事ですが、失敗もしやすいです。

 

最初のデートで引き続きOKな場合は、男性も女性も聞き上手、質問上手、うなずき上手です。また自己開示も上手になるとお相手も安心して心を開いてくれるものです。

 

最初のデートで気をつけたいNG会話

 結婚アドバイザーとはいえ、ご紹介やお会いする調整、婚活パーティーなどの日々のルーティーンでつい忘れがちなのが、デートのアドバイスです。

 人によっては当たり前のことが、お断りの理由を聞いて「そんな事も知らなかったの?」と驚くこともありました。

 

  • デートとは思えない服装。女性のジーパンや男性の短パンなどなど。
  • 散々歩いて連れて行かれた店が安価のファミレス。
  • 遠方から高額な交通費をかけて、会いに行った女性に割り勘。
  • 今までの恋愛経験、婚活状況、離婚理由などなど根掘り葉掘り聞く。
  • 婚活は難しいとか、結婚に前向きになれないとかネガティブな会話。
  • 自分の話ばかりするか、面接官のように質問ばかりする。

 

馴れないお相手だと沈黙で退屈させてはいけないと思えば思うほど、墓穴を掘ることもあります。

  その場合は正直に「緊張してすみません」とか、「こういう出会いに不慣れで・・・」とか、お相手が気に入ったのなら、「とても素敵な方だったので焦ってしまいました」でも良いです。

   

  そつなくスマートなのが、必ずしも成功する訳ではありません。とても女性の扱いが上手な男性が経験豊富かと警戒されたりしますし、男性も場慣れしている女性に気後れします。

 お互いとり繕うのではなく、緊張は緊張でいいので正直に伝え、お相手の気遣いを忘れなければむしろ好印象です。正直さや誠実さとの印象で、相手の緊張も解けたりします。

 

お相手のプロフィールに関心を持とう!

 お引き合わせになるのは最低限両者の合意が必要です。「とりあえず会ってみよう」「ぜひ会いたい」「微妙だけど断ってばかりだと婚活が進まないから・・・」など、動機は双方色々ですね。

 でも最低限、お会いするのにはお相手のプロフィールの基本情報は頭に入れておきましょう。関心を持たれていると話も弾みますし、多少知らないジャンルの話でも関心を持ったり、持たれたりすると悪い気はしません。

「全くプロフィールを覚えていない」や「違う人のこと?」のような間違いや人違いがあると微妙な空気になります。男女とも些細なことでも覚えてくれていると嬉しいものです。

 

 私はお世話好きなので、なにげない面談でいったその人の趣味嗜好や家族背景や生育環境、結構おぼえているんです。これは特技だなと自分でも思うのですが、なのでどんなにAIのアプリが発達しても、組み合わせの能力は簡単に負けない自信があります(笑)。

 関心を持った方の会話には沢山の情報があり、仲人としてはヒントが沢山なのです。「同じようなこと、同じような夢を語っていた人がいたな」とか、言葉にならない、プロフィールに乗らない会話などで、その人の人柄や誠実さが分かることも多いです。

だからこそ、条件だけプロフィールだけ見て、その人を判断することは難しいとも思います。

 

ポジティブな人生観、会話、将来の夢を語ろう

 先月お見合いしたカップルから、「もう決めても良いと思える出会いでした!」と双方から嬉しい報告をいただきました。

 男性が「僕と結婚したら・・・プレゼンをさせて下さい」とポジティブな夢や理想の家庭像をプレゼンされたそうです。

 男性は少しお話しし過ぎたかなと反省されていたのですが、女性はそのプレゼンの内容が常々自分が願っている内容で驚いたそうです。

 女性は「何も断る要素がなく、もう感謝しかないです」とのお返事でした。彼女の希望地域とは遠方でしたが、数年したら東京名古屋だって40分。千葉と山梨の関東同志でも3時間かかるよ?関東にこだわるより、自分に合った人生観の出会いを大切にした方が良いですよとアドバイスしました。

 男性は幾分、婚活に後ろ向きだったのですが、「今回は等身大の自分で話せて、明るい未来を彼女とは考えれて嬉しかった」とのこと。スピード婚の予感です♪

最新情報をチェックしよう!