実は交際一週間で結婚式を挙げました! ②私の結婚エピソード

 6月は縁結びの神さまが忙しいのか、成婚卒業それもスピード成婚が多く私も連日嬉しい悲鳴を上げています。

先月の沖縄のカップルもめでたくご卒業されました。お会いして二回目、三回目でプロポーズ成功のカップルがあると私も何か役割を果たした安堵感があります。

結婚とは不思議なもので「決まる時は決まる!」のです。

 今月は登録会の出張も多く、なかなか更新できず申し訳ないです。気長に読んでいただけたら幸いです♪ 

私の結婚の縁結びの女神 Yさんとの出会い

 恋愛偏差値の低い私と主人も同じく恋愛偏差値が低いので、職場で会ったぐらいでは普通の仕事仲間の域は超えませんでした。

前回のお話しで入院して主人とは話しはするようになりましたが、職場に戻れば少し親しくなったかな程度が続きました。

 

 私たち夫婦にとっての縁結びの女神さまは職場でお手伝いをされていた、50代の女性Yさんでした。Yさんはお世話好きで、中学生の頃から担任の先生から「お世話好きで気配りが上手」と書かれるぐらいの筋金入りのお世話好きな女性でした。

 私の転勤での引越し先の住まい探しから、病院の入院先等、土地勘もなく知り合いもいない私にとっては最初から親切にして頂いて、心強い存在でした。入院先にも主人と同様お見舞いに幾度も来てくれていました。

 

 結婚もそうですが人生が拓けていく時は必ず「出会い」があるものです。

Yさんは当時三人の子供が社会人や大学などで巣立っていた頃でした。ご主人は自営業の建築士でとても穏やかな方で、幸せな家庭生活を送っておられていました。

Yさんは結婚に対する思いも強く、「幸せな結婚は人生に大切!」「家庭は良きもの、子育てはとても人生を豊かにする」という信念がある方でした。

 私の両親、とりわけ母は結婚に対して、ややネガティブな女性でしたので、Yさんの夫婦や家庭へのポジティブさが大変新鮮でした。

 当時は寿退社が当たり前の時代で、私も適齢期を迎え、そろそろ結婚を考えないと居場所がなくなるかも?的な危機感がありました。今の時代では考えられない話ですね。

 

 郷里の父との価値観の対立

 寿退社圧力もありましたが、もう一つ結婚を前向きに考えるべき事由がありました。

若い頃の私は短大を卒業して、ある会社に勤めていましたが実家暮らしでした。その際にどうしても心のうずきもあって、自己実現したい思いがありました。

その進路において父は大反対していました。今、思えば親との価値観の違い、親との精神的自立とのせめぎ合いでした。

 婚活には精神的自立が大切、特に親との価値観の違いは大きく、私は再就職の時にすでに、精神的自立をせざるを得ない状況になっていました。

 幸い私が目指している自己実現で働ないかというお誘いもあり、私は上京して再就職を決意しました。その時、二週間余りで断行しました。両親の理解、とりわけ父とは深い溝が出来たまま、家を出る形になりました。

 

www.xn--tfr13pj4q.net

 父のガンの再発と余命宣告

  その後、父には理解してもらうよう私なりには努力したつもりでした。私は三人兄弟の末っ子の一人娘であり、当時は娘が家を出る時は、嫁に出る時という田舎の慣習が染みついていました。それだけ若い娘が上京するというのは親を裏切るようで勇気がいることでした。

 

 ただ学生でもなく一旦、社会人となればどんなに反対されようが家出ではありません。独立です。

 上京後、少しつづではありますが、元の良好な親子関係に戻っていきました。但し、安定しない私の仕事への理解は得れず、絶えず「女は結婚相手で人生が決まる。良い人と結婚するように」は父の口癖でした。

 

 私が苦労かけたからか父は私が上京をした直後に一度肺ガンを患い手術をしてしまいました。その肺がんの手術からちょうどあと少しで5年という時に再発しました。ガンは5年再発しなければ安心という定説の直前でした。

 その知らせは私が結婚をする年のお正月頃に、「あとよくて半年」という余命宣告とともにされていました。

 

父への感謝が深まる

 これも不思議ですが、結婚前は両親への感謝が深まると結婚が近いという法則が当てはまります。ただ、私の場合は父との余命宣告の病気の関係の強制的に感謝せざるを得ない状況でした。

 余命宣告された父には幼少時からかわいがってくれた感謝と自分の使命感があったとはいえ、父の理解が得れない職業選択など、私自身心苦しい思いがありました。

また必要以上に親に心配をかけたという罪悪感もありました。

 

 私の入院中は父への感謝や親孝行ができなかった気持ち等々、普段忙しくて振り返えれないことを考える時間ができました。それは父や両親への反省と感謝の期間でもあり、不思議に主人との出会いも引き寄せていたのかもしれません。

良縁は感謝が引き寄せるという婚活の法則通りではありました。

 

次回に続きます。

 私の結婚エピソード③ 実は交際一週間で結婚式を挙げました! – 婚活力UP!~幸せな結婚をしよう~

 

私の結婚エピソード①はこちら

↓  ↓  ↓

私の結婚エピソード① 実は交際一週間で結婚式を挙げました! – 婚活力UP!~幸せな結婚をしよう~

 

最新情報をチェックしよう!