どうしても子供が欲しい!30代の婚活の始まりと見切りどきは40代?

結婚アドバイザーのハピアです。

私自身は「幸せな結婚はいつでもできる!」と思っています。その意味でいくつになっても、いつ婚活を始めても本気で応援しています。

ご紹介しやすい人や結婚しやすい年齢はありますが、実際幸せなカップルが成婚卒業するのに年齢は関係はないです。

 

 ただ「子供が欲しい」だけにはタイムリミットがあります。今日はそのお話しです。 決して女性だけではないです。男性にもぜひ聞いて欲しいと思っています。

 生物学的な肉体年齢は無視できない

 結婚や婚活においては「年齢」はかなり重要な条件になります。とりわけ「子供が欲しい」となれば男女を問わず、そうです。

医学の進歩や晩婚化、高齢出産が多くなった今でも個々のリスクは伴います。妊娠・出産・子育てに適した生物学的な年齢というのは現実にあります。

 

 男性はいつまでも生殖能力・精子が衰えないと思っているかもしませんが、妊活では男女とも半々の原因で不妊の原因はあると言われています。また生殖機能の衰えもあれば、精子の運動率は病院に行って検査しないと本当は分からないのです。「あちらの機能は大丈夫!」と豪語する男性でも不妊のこともあります。

 

婚活のスタートは結婚から逆算して考える

 ハピアの結婚相談所でも悩ましいのは、子供が欲しいのに婚活の始まりが遅い人たちです。もっといえば、やっぱり子供が欲しいで、遅ればせながら婚活をはじめる方もいます。

 

当たり前ですが、人生は思う通りに上手く行きません。ただ「こういう人生を歩みたい!」と努力すれば、それに近い結果を出すことができるのは、仕事でも人生でも結婚も同じではないでしょうか?

 

  要するに 結婚は自分の人生にとってのライフプランをどう組み立てるかにかかってくるからです。なので「子供が欲しい!」なら、いつまでに結婚したいのか?いつぐらいまでに子供が何人欲しいのか?と逆算して、自分の婚活の始まりを考えたいものです。30歳の平均的な条件の男性なら1~2年婚活すればかなりの成婚率です。

 

子供が欲しかったら婚活はお早めに、逆算して始めましょう。

 思う通りにいかないからこそ、余裕を持って婚活をはじめましょう。

 

子供が欲しいなら35歳を成婚目標にしよう!

 あなたが結婚や家庭を持つことに「子供が欲しいを必要条件」と思うなら、35歳を目標にした方がいいです。これは男女ともどんなに晩婚になっても、医療技術が高まっても寿命が延びても、望ましい妊娠・出産・子育ての20年をどう人生設計するかにかかっているからです。

 

 女性は子供を産める時期をシビアに考えざる得ないので、焦ったり逆算して考えたり、お相手の条件も現実的に考えます。むしろ女性は35歳を過ぎると同じ年代の男性か年下の男性を求めるようになります。

 

 なぜなら子育てには時間もお金もかかるからです。子育ての一時期男性だけの収入に頼らざる得ないこともあります。なので男性が高収入で貯金が多ければ年齢が上でもいいです。もしそれが叶わないなら、二人で長く働くという現実的な選択肢を考えて、自分と同じ年くらいか年下を求める傾向になります。

 

こうした事実を知らない男性は40代になっても、50代になっても「自分の子供が欲しいので・・・」といって、女性の希望年齢を35歳までや38歳までとか、条件を変えないままです。圧倒的なミスマッチが婚活市場では起きていることに気付かず、結婚自体が遠ざかります。

 

できれば逆算して、子供が一人でも二人でも授かりたいなら35歳で結婚、30代で子供を授かり、大学卒業まで65歳の定年までには育て上げたいものです。

少なくても子供が欲しい女性からは年齢が上がった男性はリスキーな存在です。

・仕事がいつまで続けられるか?

・子育て中に病気はないか?

・親の介護は大丈夫か?など

リスクが一段と高いと感じて、収入は少なくても同年代や年下の男性を考える人も多いです。

 

人生の一発逆転ホームランでの結婚を求めない

 結婚年齢が高くなっても、あなたが男性で平均より高い収入で、貯金もあり、女性が働かなくても困らないなら若い女性を求めても可能性はあります。

年齢や収入以上に見た目や性格すべてが平均より上の上をいっていたなら、ハピアの話をスル―して下さい。

 

 決して意地悪でいってはいませんが、婚活事情を知っていれば知っているほど、現実って一番残酷なぁと思います。

芸能人の歳の差婚を見ると、「自分もまだイケるかも?」と思いがちです。時々、身近に聞く歳の差婚も芸能人よりもっと刺激的ですよね。例外を持ちだしたら、きりがないのですが、可能性も感じてしまいます。

ただこうした期待も形を変えた男性版シンデレラなのです。白馬の王子様がなかなか来ない30代の女性と気持ちは一緒です。

 

「ここまで待った(?)のだから、レベルを下げて妥協の結婚はできません」といった女性がいました。理想が高く、何か人生の一発逆転ホームランをして挽回したいのかなと感じます。

 

人生の中での挫折や成功しなかったことや自分のコンプレックスの穴埋めに、一発逆転ホームラン的な結婚を考えない方が良いです。

 

若い奥さんや玉の輿婚を求めることは悪いわけではないですが、本当にあなたにとって幸せな結婚の必要条件ですかってことです。

幸せはご自身が感じるものです。人から羨ましいと思われる結婚が幸せではないですよね。子供も幸せな絶対条件か分からないものです。

 

 結婚の価値を「子供」に限定せず、40代は見切りも必要

当たり前ですが、「妊活」という言葉があるぐらい、若いカップルでも子供が授からなくて努力している方々も大勢います。

また子供は産んで育てるまでに早くて20年です。病気がちだったり、予期せぬ出来事も沢山出てきます。あくまでも「子供は授かる」ものです。

 

40歳を過ぎた大人なら、ある程度の見切りは大切かなと思います。

男女ともお金や外見や若さでない価値観で人生を考えて欲しいとハピアはよくアドバイスしています。年齢に応じて大人になるということかもしれません。

 

たとえば45歳の男性が10歳年下の35歳の女性と交際するのと、10歳年上の55歳の女性と交際するのと同じ年齢の差です。同じように会話ができて楽しく交際できますか?

 

人間は不思議なもので10歳年下はちょっと前と感じて違和感はありません。ただ10歳年上はずっと先に思えるものです。どちらも同じように楽しいならそれは良いことですが、お相手から見た自分の年齢は体感的には開きは大きいものです。

 

もし40歳過ぎて平均的な収入と平均以上の貯蓄がない男性は同年代の女性同様、「子供を持つことが厳しい年齢」と自覚しましょう。

全く貯金もないなら、アリとキリギリスのキリギリスと結婚したい女性で、それも子供の欲しい女性はまれです。決して可能性はゼロで無理ではないですが、厳しいことを自覚しましょう。

 本業でも副業をして収入を上げるなり、貯金をする努力も必要です。

 

もしそれらが難しいなら、どこかで「子供が欲しい」の見切りも必要かなと思います。 

 

幸せな結婚を一番目標にしよう

冒頭でもいったように、「幸せな結婚」なら何歳になってもできます。ただ「考え方」を変えないと、結婚そのものがもっと難しくなります。

 

結婚は必ずしも条件が良ければ、必ず幸せになるというものでもありません。

共に幸せな結婚生活のために、努力し合える関係性を築くことができるかどうかです。それは思いやりだったり、優しさだったり、尊敬できることかもしれません。 

 

また結婚は人生を共に歩むパートナーです。結婚が早くても遅くても、子供がいてもいなくても、一緒に「人生を歩む伴侶に巡り合えることが幸せ」かなとハピアは本音で思っています。

 ただ自分の希望の条件ばかり主張する人にはなかなか届かないことが多いの現実です。リアルではなかなか言えないハピアの本音でした。

最新情報をチェックしよう!