婚活力UP!~幸せな結婚をしよう~

結婚相談所 結婚アドバイザーの普段言えない本音 

失敗しないプロポーズ プロポーズした男性VSされていません女性 

f:id:konkaturyoku:20190405154018j:plain

今日はクリスマスですね。

毎年クリスマスは結婚相談所では多くのカップルがプロポーズをして結婚が決まる時期です。

昨日は私の結婚相談所でもクリスマス・イブのプロポーズ大作戦の成功の知らせが続々と舞い込み、幸せな気持ちになりました。

 

入会当時から婚活の悲喜こもごもストーリーを思い出しながら、しみじみ良かったなあ、長かったなあ、とか思いがけず早かったなあとか思っていました。

婚活は断ったり断られたり、自分のどこがいけないのかな、何が足りないのかなと迷路のようです。相手を通しながら自分は一体どういう人生をどう歩みたいのかと一緒に婚活を歩んできたので、結婚が決まった時は心の底から嬉しいものです。

しみじみ、結婚は人生の奇蹟の一つだなと立ち会えたことに私自身、感謝する日でもあります。

 

プロポーズあるあるは男性から「結婚決まりました!」という報告で、私も喜んでいると、ほどなく女性から「そうなるかなと思いますが、プロポーズはまだです」とかいうことは本当に多いです。

「え?どういうこと?」と男性によくよく何てプロポーズしたの?と具体的に聞くと、なんとも抽象的でロマンティックでステキな言葉を考えて伝えているのですが・・・伝わっていないのです。

 例えば記念の場所や時期に「これからも毎年一緒に来たいですね。」とか。男性はプロポーズの素敵な言葉を手に汗を握りながらいって、「はい」とか「そうですね」とか返事をされれば結婚が決まったと報告下さいます。ただ女性に聞くとそういう会話はしましたが、それってプロポーズだったんですか??と逆に聞かれたりします。

 

 ですので、可能な限り年齢に関係なく、どんな素敵な言葉を添えてもいいので、前か後に必ず「私と結婚して下さい」とお願いしています。できれば指輪、無理ならジュエリー、せめて花束は用意して欲しいものです。

 

 実は昨日もあるカップルからデートしましたが、女性から「両親の挨拶の日程を決めました。家に帰ってからプロポーズの言葉もなくこのまま進むのかなと思うと悲しくなりました。」と戸惑いの連絡がありました。

 彼女は彼のことを尊敬でき、結婚自体は喜んでいてお相手にも不足ないのです。男性に確認すると「あなたと結婚できたらと思っています」といい、女性は「ありがとうございます」と答えていたようです。

 男性は気持ちは伝えていますが、女性の気持ちの確認がイマイチという所でしょうか。

女性も「ありがとうございます」ではなく、「はい、よろしくお願いします」といえば、結婚の気持ちを受けて女性の気持ちを伝えたになるのですが、「ありがとうございます」では少し考えさせてくださいなのか、あなたの気持ちは嬉しいだけにも思えます。

 

 少なくても相手にこれはプロポーズだとしっかり認識してもらえるかが一番大切です。その次に、女性の答え、気持ちを聞くことが大切です。分かるよね?とか、このまま結婚するでいいよね?ではなく、きちんとで確認しましょう!

どんな素敵な言葉があってもいいんです。最後に、つきましては「結婚して下さい」の一言を必ずいいましょう♪

でないと一生プロポーズの言葉がなかったと女性からいわれます。

 

私の結婚秘話をいずれ紹介したいと思いますが、かくいう私自身も「プロポーズの言葉がなかった」と親に紹介しに行く道中の新幹線で主人に言ったら、主人いわく「ええーーー今更?情況的に結婚に進んでいるのに???プロポーズいる?」と思ったらしいです(笑)。

この話を昨日、結婚相談所でしていたら、仲間の既婚女性が「私も」「私もプロポーズなかった」と三人全員そうで大笑いになりました。

シンプルに「私と結婚して下さい!!」はとても大切です☆