婚活力UP!~幸せな結婚をしよう~

結婚相談所 アドバイザー ハピアの普段いえない本音ブログ 

婚活こそ、一番の自分磨き!?

f:id:konkaturyoku:20190407173035j:plain


「とりあえず登録はしますが、自分磨きをしてからご紹介や婚活パーティーに参加したいので、しばらくは紹介は結構です」という方が時々います。

結婚したくて登録にきたのに、いきなり寸止めですか?とも思いますが、だからこそ、私の仕事もあるのかなとも思い直したりもします。

私も無理強いはしたくないので、「婚活を始めたいと思ったら連絡下さいね」といいます。

 

ただ・・・本音をいうと一番自分磨きになるのは「婚活」です。

自分磨きは色々ですが、明確に「5キロダイエット!」や「禁煙に成功してから」「もう百万貯金してから」etcなら分かります。目標が明確だからです。目標が達成してご紹介すると成功したという自信とモチベーションが上がります。この場合は、「いつまでにですか?」と一緒に目標時期を確認したりします。

 

 問題はただ漠然と自分探し的なゴールのない自分磨きは「これでよし!」というゴールはないと思います。「まだ自分自身が子供だから・・・」、「家庭を持つほど人間的にできていない・・・」などもっともらしい理由はありますね。人間が出来て結婚したいという気持ちは分かりますが、人間が成長するのは他人の交わりがないとなかなか成長しないのではないでしょうか?

少なくても結婚は、お相手がいることなので、異性への出会いの経験値を上げながら自然に自分の良いを出しながら、お付き合いができるぐらいでスタート地点に立てれます。

 

 誰もが数学が得意なわけでも、足が速いわけではありません。とはいえ恋愛が苦手だから結婚ができないなんてことも絶対にありません!ただ経験値が少なすぎると、異性と話すのも意識して苦手な気持ちも出ます。それは誰でもそうです。そういう環境やプライベートで何年も異性と接していなかったら、ハードルは高くなります。

 

 また誰だって自分がいいなと思う人からお断りされたりすると、最初は凹みます。あるいはそんなにいいと思っていない人からも断られることもあります。

断られることに慣れろとはいいませんが、まずは異性に対する「慣れ」も大切です。お断りされることにもある程度免疫をつけましょう。婚活は自分も断ることもあれば、当然断られることもあります。

 

 失敗学的に振り返ることも大切ですが、あとは「ご縁がなかった」と淡々と前向きに出会いに向き合うことも大切です。出会いにポジティブになる人は応援もしやすいです。傷つくことを恐れてばかりだとなかなか前に進めません。結婚は「ご縁」なので、断っても断られても、人格の全否定をされた訳ではありません。「結婚のお相手」ではなかっただけです。お友達だったり、職場の仲間だったら、とても良い人と「結婚のお相手」ではなかっただけです。必要以上に失敗を刻まないで、前に進んでいただきたいと思います。

 

 当たり前なのですが、紹介のプロフィールだけで断る人より「お相手が良ければ会います」と一つ一つの出会いのチャンスを逃さない人は結婚が決まりやすいです。断られても会う回数が多い人ほど婚活力は上がります。

 

 まずは異性の気持ちを汲む練習と思って婚活しましょう。相手の気持ちを理解することと同様に大切なのは自分の気持ちを伝えることです。どんな些細な話でも「あなたはそう思うのね。私はこう思うんだけど、どうかな?」と、同意することばかりではなく、違った時にも自分の考えや気持ちをきちんと伝える練習をしましょう。

 

 「もしかして伴侶になるかも?」と思う見合いだからこそ、人間は真剣に向き合うことができます。どんどんお見合いをしていくことの方が自分も磨かれるし、自分も探せます。好きな人と合う人って、違うんだなと思えたら、出会いも楽しめるでしょう。 楽しみながら婚活していきましょう。