婚活力UP!~幸せな結婚をしよう~

結婚相談所 結婚アドバイザーの普段言えない本音 

どうして結婚しないといけないの?結婚アドバイザーがお答えします

f:id:konkaturyoku:20190504223413j:plain

 

少し時間がたちました。結婚相談所のハピアです。

この度、主人の母が急逝しました。しみじみ結婚や家族を考えさせられました。

時々、若い人から「どうして結婚しないといけないの?」と聞かれることがあります。「決して結婚しないといけないことはありませんよ」が当然の答えです。

結婚で守られることや豊かになること、経験や家族が増えるなど一人ではできないことも結婚で人生が開けていくこともあります。

 

急逝した義母に想うこと

主人は幼い頃、父を病気で亡くし、三十代だった義母が女手一つで主人を育て上げました。主人が30歳ぐらいの時に今の旦那さんと再婚しました。50代後半で再婚したのも良かったと思います。

 83才で再婚相手の介護、ご近所さんのお世話、実姉のお世話と毎日お世話する側の母でした。

正月明けに主人に母から電話がありました。ある方の「年賀状の返事を書かないからね」と電話がかかり、「3日ほど体調を崩したけど元気になった」とも言っていたそうで、主人が病院に行くよういったのが土曜日でした。次の火曜日の夜に突然の心筋梗塞で逝きました。

  正月には親戚一同で集まり、次の週には月一回の定例の姉妹三人でお茶をしていました。全てが普段通りで、姉の病院の迎えにいつも義母の車で行くのに約束の日に来ないで連絡もつかなかったので姉が心配してそうです。

義母らしい、潔い最後だなと思いました。そろそろ自動車の運転もどうかといっていたのですが、最後まで生涯現役の人生で一日も介護が必要でなかった義母。感謝と尊敬の思いが深まります。私も与える側の立場で、介護等必要もなく、ちょっと3日ぐらい寝込んで潔く眠るようにあの世に旅立てれたらいいなと思いました。

 

結婚は他人が家族になって新しい家庭を作ること

  身近な冠婚葬祭は人生で、そうたくさんあるものではありません。特に少子化で家族が少なくなっている現代では身近な人の死は少なくなっているかもしれません。だからこそ、家族の大切さ、いざと言うときには血縁関係、姻戚関係の大切さはむしろ深まっているのではないでしょうか。

 

  夫婦は最初は他人かもしれません。夫婦、家族となり、子供が生まれ、また子供がさらに結婚し子供が生まれる。自分1人ではさほどでもない仕事でも、子供や子孫の存在が大きな仕事をしてくれると思うだけで何かロマンが広がるものだなぁとしみじみ思います。時々キャリア系の女性や仕事に迷いがある女性にもお話しするのですが、子育ては時代を超え、時代を超え子孫にまで影響を与える創造的な素敵な役割だと思います。

 

 仕事が少々できる女性でも50年経ったら誰も覚えていないでしょう。経営者の男性でも50年経ったら会社があるとは限りません。他方、子供や孫や曾孫がいれば、おばあちゃんはこんな人だったよ。おじいちゃんはこんな人と思いを馳せてもらえるかもしれません。自分が先祖となって子供孫ひ孫が活躍するのを想像するだけで私は結婚っていいな、子供っていいなとしみじみ思います。

 

人生は結婚や家族があって、より豊かにしてくれる

 義母も主人と言う子供を1人産んだことによって孫が2人できました。また再婚したことによって、新しい家族、役割も得て寂しさはなかったと思います。結婚して家族ができていろいろな人間関係があって、大変なこともあるかもしれませんが、色んな経験が人生豊かにしてくれるんではないかなぁとしみじみ思いました。

 

   人はいつか必ず死へと旅立ちます。その時に後悔のない人生を歩みたいものです。どんな人でも人生振り返って、「やっぱり結婚してれば良かった」と思って欲しくないなと思っています。

 どこかで結婚願望があれば、人生のどこかで素直に向き合って婚活して頂きたいと思っています。その意味では早いも遅いもありません。本気になった時が適齢期でもあります。

 もちろん、人によっては伴侶に恵まれないこともあります。それでも真剣に婚活に励んだ人はやるだけのことはやったと悔いは残らないものだと思っています。

 

5回結婚した男性のポジティブさに学ぶ

 私が面談した中で最高の結婚歴は5回、6回目の結婚がしたくて登録された方でした。正直、すごいなと思いました。60代の男性でしたが、とても優しい男性でした。

 伺うと多少「女性運」がないなという印象でした。ただ同じ60代でも一度も結婚できない方もいるので、いい意味でポジティブだなと感じました。普通、シニアで離婚された男性はなかなか元気にはなれない方も多いです。

 でもその男性は「やはり結婚は家族ができていいですよ。もうご縁がなければ充分ですが、ご縁があればと思っていますので、お手間はおかけません」といわれ、時々婚活パーティーには参加されているようです。結婚しやすい男性はマメで優しい、気遣いができる方でした。ここだけの話。経済的にも外見的にも平均的でしたので、養育費等大変だったと思います。

 

 結婚はしないといけないものではないです。ただ、結婚は一度はしてみる価値は有りと思います。今は離婚、再婚したから、問題があるようには思われません。婚活してご縁がなかっても、結婚しないで後悔する人生より、やるだけやった。努力したと思える人生を送りたいと思いませんか?私はそうの応援していきたいと思っています。