婚活力UP!~幸せな結婚をしよう~

結婚相談所 結婚アドバイザーの普段言えない本音 

婚活パーティーへ行ってみよう!結婚アドバイザーがすすめる理由

f:id:konkaturyoku:20190426162208j:plain

 ハピアの結婚相談所では月に1回か2回、婚活パーティーを開催しています。時々地方開催もあり、出張しています。

 今年はすでに北海道、四国、東京などなどに出張開催しています。来月は東京の応援や沖縄にも出張して、婚活パーティーをする予定です。

 ある程度の規模の結婚相談所では個別のご紹介と婚活パーティーの両方が出会いの場になっています。婚活パーティーはどちらかというと恋愛的な要素もありなので、人によっては人気だったり、苦手だったり分かれるところです。

 

婚活パーティーの種類はいろいろ

 結婚相談所に入会している人なら参加のご案内など来ると思います。婚活パーティーは本気で結婚したい人同志の出会いの場です。合目的な出会いなので、上手くいけばトントンと結婚できる最短コースです。

 結婚相談所だけでなく、今なら地域の街コンなど探せばいくらでもあります。ある程度の地方都市なら「○○(市)街コン」で調べると沢山ヒットします。基本的には参加費用を出せば誰でも(参加条件がありますが)自分にあったもので、参加できる街コンは増えています。

たとえば街コンの種類は、

■30代限定
■20代後半女性メイン
■高学歴男性メイン
■綺麗系女子メイン
■バリバリ仕事できる男子&家事の得意、料理上手女子メイン
■実年齢より若く見える40代限定
■再婚者限定

などなど、本当にいろいろです。

 

 ハピアの結婚相談所の入会者で、司会業をされている人がいます。彼女は普段は披露宴やホテル行事の司会が多いのですが、依頼されて婚活パーティーの司会をしたそうです。「若く見える・・代限定」とか「キレイ系女子・・・」とかは、あくまでも自己申告らしいです。

 参加型なのでそれはそうですよね。私も安心しました(笑)。主催者側で招待制にしてもこの場合はクレームになりそうです。「実年齢より若く見える・・・」婚活パーティーなど私なら企画段階でボツにします(笑)。よそ様にあるパーティー企画をダメ出しして申し訳ないですけど、若く見えるか見えないかは主観の問題だからです。

 「高身長」でさえ、ぎりって感じです。150センチの人からみたら、170センチの男性は高身長ですし、170センチの女性からみたら、最低180センチはないとと言われます。

ましてや「見た目の若さ・・・」って?!企画する側がクレーム覚悟の勇者♪間違いなしです。

 

街コンで気をつけたい注意点

  結婚相談所は入会の時、独身証明書や住民票、卒業証明書、男性なら収入証明書など必要です。その点、結婚相談所の主催する婚活パーティーは安心です。真面目に結婚を考える人でないと入会できないシステムになっています。

  一方の街コンは単発のパーティ形式です。中には証明等提示もありますが、基本は出会いの場の提供で、「その後は各自努力せよ」という感じです。

 賑やかしだったり、「一度参加してみよう」、「友だちに誘われて渋々・・・」「彼氏彼女が欲しい」も有りです。必ず結婚したい人でなくても、ゆるーい感じなので、結婚相談所ほど真剣でなくて、楽だと思う人には丁度いいかもしれません。

  煩わしい手続きなくて参加が簡単なものは、 基本自分で動く行動型です。動ける人なら時間もお金も手間もかからないかも?とも思います。恋愛偏差値が高めで出会いのきっかけだけ求めているにはおススメです。

 たとえば「半年以内に本気で結婚したい人」が「2~3年交際した後、結婚したいと思えたら・・・ね。」の人と交際するリスクもあります。最悪、開けてみたら、実は籍は除いてなかった既婚者というのもあるかもしれません。

手軽なものはマッチングアプリも含めて、どうしてもリスクがあります。

 

婚活パーティーに向いている人、向かない人

  相談所の入会が面倒な人や経済的に厳しい人、元々恋愛偏差値が高めな方は、良心的な価格の婚活パーティーなどを利用するのも良いと思います。まず「人物本位」でどんどん出席して、自分を売り込みましょう。

  ポジティブな人は出会いそのものも楽しいと思います。断られても出会いがあって嬉しいと思える人は男性でも女性でも大いに参加して欲しいと思います。当りはずれはあっても、知らない人と会って楽しいと思える人は向いている人です。

 またプロフィール的に不利だと思う人は、紹介自体のマッチングが少ないので、婚活パーティーで売り込むしかないです。向き、不向きではなく「慣れろ」です。自分の会話力や表現力を上げる練習の一石二鳥と思って参加して欲しいです。

  加えて、断られてひどく落ち込む人も荒療治的ですが、ぜひ参加して頂きたい人です。不慣れな人を参加させ、場慣れさせようとしたら吊り橋効果なのか?「不慣れカップル」誕生もありました。その意味で本当は向いてなくても、努力の場は必要なのです。

 

 それでもどうしても「絶対無理」という人は、やはり結婚相談所のサポートを受けながら、進めていくことが成婚につながります。自分のことをしっかり知ってもらっている結婚アドバイザーのご紹介が近道です。今さらですが、個別紹介のみに特化した結婚相談所もあるぐらいです。

 婚活パーティーが不向きの方に条件がハイスペック過ぎる人もいます。男女ともいますが、この場合は個別の紹介が向いています。ハイスペック限定の結婚相談所もありますが、個別の紹介でも十分でしょう。

 

自分に会う婚活パーティーを見つけて参加してみよう!

 いかがでしたか?

「やっぱり、無理。やめとこう」なのか、「一度いってみよう!」なのか、これはこれで人生の岐路です。繰り返しますが、人って「慣れ」も大きな力、魅力にもなります。一度のお引合せやデートで自分の良さをアピールできたり、緊張しないで会話を続けられる人は最初は少ないです。 婚活パーティーが出会いの練習の場でも良いのです。

  こんな方もいました。登録にいらした方が手続きを終了して、午後に婚活パーティーがあったので、「せっかくだから参加してみて」とお誘いしました。そこで意気投合したお相手と、そのまま成婚卒業した方もいます。最速、最短コースですが、一度の参加で決まるのは婚活パーティーあるあるです。

 婚活パーティーが練習の場か運命の出会いかは分かりません。でも参加しないと進まないこともある不思議な縁も感じて欲しいです。

最初は自分にあった身近な婚活パーティー(自分の得意分野、地域、初参加歓迎)を選んで、ぜひ最初の一歩を進めてみましょう。